<トップページ> <奉安のおすすめ> <おまつりの仕方> <ご尊像について> <お申し込み・お問い合わせ>
 
   
     
 

 
   

お仏壇は、いまあることをご先祖様に感謝し、また愛する亡き人を供養する場ですから、お
位牌は当然です。しかしそうした教えを私たちに説かれたのは、実はお釈迦様にほかなりま
せん。そのお悟りを信仰する意味から、お釈迦様を身近におまつりすることは欠かせません。
ご本尊とお位牌がそろってこそ正しいお仏壇の完成なのです。

では、どのようにお釈迦様をお迎えすればよいのですか?

答えは、お店で買うよりは、「菩提寺からお授けいただく」が本義です。そこで、奉讃会の
お釈迦様をお勧めします。なぜなら、仏典にある仏様の優れた特徴「三十二相」として〈仏
は金色相〉と記されているとおり、まさしく金色相だからです。また、額の白毫には純正天
然ダイアモンド(約50分の1カラット、鑑別書の写し添付)を埋め込んでおり、その教え
にたがわぬ輝きに満ちています。しかも、尊像胎内には「観世音菩薩普門品偈」が、また蓮
華座の中にも「般若心経一巻」が納められ、礼拝する方々により善き幸せをもたらします。

 
       
   
   

曹洞宗は、「一仏両祖」の奉安を勧めています。一仏とはお釈迦様のこと。両祖とは、大本
山永平寺を開かれ曹洞宗の開祖である高祖道元禅師と、大本山總持寺を開かれ曹洞宗を弘め
た太祖瑩山禅師のことです。このご両祖こそ、お釈迦様の教えを私たちに正しく伝えてくれ
た人生の恩人ですから、日々礼拝すべきことです。

奉讃会のご両祖像は、曹洞宗宗務庁が発行するお掛け軸をもとに、精魂込めて一体一体彩色
をほどこした美術的にも素晴らしいもの、一般では入手できない奉讃会ならではの特別謹製
(木製台座つき)です。この出会いこそまたとない仏縁といえます。

 
       
   
   

第一に、曹洞宗檀信徒に文字どおり、もっとも多く普及している正軌のご尊像であり、しか
も菩提寺によって正しく開眼供養いただけるからです。

第二に、信仰礼拝のお像ですから、万一、破損や修理が必要になった際は、いつでも奉讃会
が誠心誠意、修復などをします(すでにおまつりされている本会のご尊像に修理の必要があ
れば、菩提寺を通してお問い合わせください)。

●以上のとおり、迷いなく安心してお迎えいただけます。

 

当奉讃会のご尊像のお申し込みは、菩提寺または曹洞宗寺院にお申しつけください。
(一般のお店ではお取り扱いしておりません)
>>奉安のお申し込み、お問い合わせはこちら
>>お授けいただける曹洞宗寺院がお近くにない場合は、釈迦牟尼仏奉讃会にてお申し込みください。

<ページの最初に戻る>

曹洞宗1万5000カ寺と700万檀信徒のための 曹洞宗本尊釈迦牟尼仏奉讃会